解説山内一豊(やまうちかつとよ)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
戦国武将:山内一豊(やまうちかつとよ)山内一豊 天文14年?-慶長10年(1545?-1605):高知県

山内一豊(やまうちかつとよ)は、尾張国(現愛知県)出身の戦国武将で江戸幕府の大名。一般に「やまのうちかずとよ」と読まれることが多いが、「やまのうち」は分家読みで、本家は「やまうち」と読む。名前も史料から「かつとよ」と読んだことがわかっている。山内氏は、織田信長の家系とは別系の岩倉織田氏の重臣だった。

一豊は、岩倉織田氏の家老だった山内盛豊の三男として生まれた。15歳のとき、岩倉織田氏と信長の対立で岩倉織田氏は滅亡、一豊にとっては長兄にあたる跡取りと、父である当主を続いて失った山内氏は一族離散し、諸国を流浪することになる。

一豊は、尾張国内のさまざまな武将に仕え、24歳の頃、信長に仕え、豊臣秀吉の与力になったと考えられている。その後、秀吉のもとで歴戦を重ね、その死後は、徳川家康に味方して関ヶ原の戦いでは東軍についた。

戦功により土佐一国(現高知県)20万2600石を与えられた。享年60歳。その後、山内氏は明治維新まで土佐藩を治め、侯爵に列せられた。

山内一豊といえば、「一豊の妻」千代も内助の功の鑑として有名である。2006年放送のNHK大河ドラマ「巧妙が辻」でも描かれた。また、幕末には土佐藩から多くの英傑が出ている。その原動力のひとつに、藩内に根強くあった階級差別が言われている。山内氏家臣を上士、山内氏以前に土佐を支配していた長宗我部氏の旧臣を郷士として差別し続けていたのである。坂本竜馬も武市瑞山(半平太)も郷士出身である。また、土佐といえば鰹が有名だが、食中毒を恐れた一豊は、刺身で食べることを禁止した。刺身で食べたかった領民たちの苦肉の策が表面をあぶる鰹のタタキを生んだという。


■山内一豊(やまうちかつとよ)ゆかりの地

墓所 ・真如寺-高知県高知市
肖像画 ・土佐山内家宝物資料館蔵-高知県高知市
銅像 ・高知城址-高知県高知市
神社 ・山内神社-高知県高知市
祭神名:山内一豊公

スポンサードリンク

関連記事


TOPPAGE  TOP