解説豐臣秀吉(とよとみのひでよし)・羽柴 秀吉

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
戦国武将:豐臣秀吉(とよとみのひでよし / とよとみひでよし)/ 羽柴 秀吉(はしばひでよし)豊臣秀吉 天文6年-慶長3年(1537-1598):愛知県

豊臣秀吉(とよとみひでよし)は、尾張国愛知郡(現愛知県名古屋市)出身の戦国大名。父木下弥衛門は、織田家の足軽とも半農の百姓とも考えられているが、少なくとも秀吉は、多くの戦国武将とは異なり、城持ち、家来持ちの家柄出身ではなかったことは確かである。はじめ今川氏に出仕し、18歳の頃、織田信長に仕え、頭角を現した。

24歳のとき、信長の朝倉義景征討に従軍した。進軍中に、同盟関係にあった浅井長政の裏切りに遭い、織田軍は挟み撃ちになった。その危機に、秀吉は明智光秀らと殿軍を務めたが、この戦いは日本の合戦史上中有数の撤退戦である(金ヶ崎の戦い)。27歳のとき、浅井氏の旧領北近江(現滋賀県)に封ぜられ、国持ち大名へ出世した。また、織田家中の有力武将である丹羽長秀と柴田勝家から一字ずつ貰い受けて羽柴姓と改めた。

46歳のとき、本能寺の変が起こると、秀吉は敏速に休戦条約を結び、帰京した(中国大返し)。明智光秀を征討した秀吉は、同じく有力者だった柴田勝家も倒し、信長の後継者としての地位を確立した。49歳のとき、関白に就任し、翌年には朝廷より豊臣の姓を賜り、関白職に就いた。その後、京都の聚楽第に後陽成天皇を迎え、天下に権威を示し、小田原の後北条氏を倒して、全国統一を成し遂げた。更に明征服を目論み、朝鮮へ出兵した(文禄・慶長の役)。この無謀な出兵の半ばに秀吉は没した。享年62歳。時世の句は「露と落ち 露と消えにし 我が身かな 浪速のことは 夢のまた夢」

秀吉は、300人にも及ぶ側室を置いていたが、実子は少ない。男子3人が知られるが、うち2人は夭折し、57歳のときに得た秀頼は、母淀君とともに大坂城で自害した(大坂夏の陣)。秀頼の男児は落城とともに殺害され、女児は仏門に入ったが、子孫を残さなかったため、秀吉の直系の子孫は存在しない。

人心を掴むことに長け、また、人と同じように振舞うことを嫌う、いわゆるかぶき者であったことは、「羽柴」・「豊臣」という、新しい姓を選んだことからもわかる。その気概が、稀にみる生涯を歩ませたのかも知れない。


■豐臣秀吉(とよとみのひでよし)ゆかりの地

墓所 ・豊国神社-京都府京都市
・高野山奥の院-和歌山県伊都郡高野町
肖像画 ・高台寺蔵-京都府京都市
・逸翁美術館蔵-大阪府池田市
銅像 ・中村公園-愛知県名古屋市
・常泉寺-愛知県名古屋市
神社 ・豊国神社(祭神名:豊国大明神(豊臣秀吉の神号))-京都府京都市
・豊國神社(祭神名:豊国大明神(豊臣秀吉の神号))-大阪府大阪市
・豊国神社(祭神名:豊国大明神(豊臣秀吉の神号))-愛知県名古屋市

TOPPAGE  TOP