解説斎藤道三(さいとうどうさん)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
戦国武将:斎藤道三(さいとうどうさん)斉藤道三 明応4年?-弘治2年(1494?-1556):岐阜県

斉藤道三(さいとうどうさん)は、美濃国(現岐阜県南部)の戦国大名。「美濃の蝮」の異名を取り、油売りから戦国大名へ成りあがった下剋上の典型とされてきた。しかし、近年の研究では、美濃の国盗りは、道三一代ではなく、父長井新左衛門尉との父子二代によるものと考えられている。

はじめ、京都妙覚寺の僧侶であった道三の父新左衛門尉は、西村と名乗り、美濃に下り、長井弥次郎に使え、頭角を現し、美濃国守護土岐氏の小守護代長井氏を名乗るようになった。その息子が道三である、という。

通説では、道三は、京都の北面武士を代々勤める武士の家の生まれで、幼少の頃に出家し、学識を積んだという。学友が美濃の寺へ住職として赴いたのを気に還俗し、油問屋の娘を娶り、油商人として美濃に知己を得、長井氏の家臣西村氏となることに成功し、とうとう長井氏の家督を奪うことに成功した、という。

父新左衛門尉によるものか道三自身によるものかは不明だが、美濃国小守護代長井氏となった道三は、美濃国守護土岐頼芸の信頼を得ると、美濃国守護代斎藤氏の名跡を継ぎ、稲葉山城の主となった。

47歳?のとき、主君頼芸と頼芸弟の頼満毒殺事件で、両者の間に亀裂が入り、道三は頼芸を追放し、事実上の美濃国主となった。はじめ、尾張守護代の織田氏は土岐氏の味方であったが、親族の死を契機に、織田氏は道三側に立ち、織田信長と道三の娘の婚姻が行なわれた。

61歳?のとき、家督を息子義龍に譲り、出家して隠居した。しかし、道三は義龍を廃嫡しようとし、その動きを察知した義龍によって討たれた。享年63歳か。道三が義龍を廃嫡しようとした理由は、義龍生母が、頼芸の愛妾であったことから、義龍を実子かどうか疑っていたこと、義龍の武将としての器量を疑っていたことが挙げられる。義龍は、朝倉義景を頼り、朝倉氏が信長に滅ぼされたときに、その運命をともにした。


■斎藤道三(さいとうどうさん)ゆかりの地

墓所 ・常在寺-岐阜県岐阜市
・道三塚-岐阜県岐阜市
肖像画 ・常在寺蔵-岐阜県岐阜市

スポンサードリンク

関連記事


TOPPAGE  TOP