解説表舞台から退いた戦国武将ベスト10

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
長すぎる後半生・・・表舞台から退いた戦国武将ベスト8と番外2名を選んでみました。

表舞台から退いた戦国武将1位 宇喜多秀家
(岡山県)
八丈島で流人生活49年
表舞台から退いた戦国武将2位 尼子義久
(島根県)
宿敵毛利氏に養われ後に出家して44年
表舞台から退いた戦国武将3位 千葉重胤
(千葉県)
一時期幕府から領地を与えられるも返上し諸国を流浪した43年
表舞台から退いた戦国武将4位 秋田実季
(秋田県)
お家騒動に巻き込まれ蟄居生活30年
表舞台から退いた戦国武将5位 足利義昭
(京都府)
織田信長に将軍領を奪われ、豊臣秀吉の客分として24年
表舞台から退いた戦国武将6位 伊東義祐
(宮崎県)
一族とともに流浪した12年
表舞台から退いた戦国武将7位 宇都宮国綱
(栃木県)
豊臣秀吉に疎まれ、武功を挙げるも悲願叶わず諸国を流浪した11年
表舞台から退いた戦国武将8位 荒木村重
(兵庫県)
織田信長に謀反し、抵抗し続けた8年
番外 立花宗茂
(福岡県)
20年浪人の末、大名に返り咲く
番外 仙石秀久
(香川県)
改易され4年、大名に返り咲く

スポンサードリンク

関連記事


TOPPAGE  TOP