ポイント解説戦国武将ランキング・一覧表

point-1戦国武将:都府県別一覧

東北 青森 津軽為信(つがるためのぶ) 天文19年-慶長12年(1550-1607)
岩手 南部信直(なんぶのぶなお) 天文15年-慶長4年(1546-1599)
秋田 秋田実季(あきたさねすえ) 天正4年-万治2年(1576-1660)
宮城 伊達政宗(だてまさむね) 永禄10年-寛永13年(1567-1636)
山形 最上義光(もがみよしあき) 天文15年-慶長19年(1546-1614)
上杉景勝(うえすぎかげかつ) 弘治元年-元和9年(1556-1623)
福島 蘆名盛氏(あしなもりうじ) 大永元年-天正8年(1521-1580)
二本松義継(にほんまつよしつぐ) 天文21年-天正13年(1552-1585)
甲信越
北陸
新潟 上杉謙信(うえすぎけんしん) 享禄3年-天正6年(1530-1578)
長野 真田信繁<幸村>(さなだ のぶしげ・ゆきむら) 永禄10年-慶長20年(1567-1615)
山梨 武田信玄(たけだ しんげん) 大永元年-元亀4年(1521-1573)
富山 佐々成政(さっさなりまさ) 天文5年-天正16年(1536-1588)
石川 前田利家(まえだとしいえ) 天文7年-慶長4年(1539-1599)
福井 朝倉義景(あさくらよしかげ) 天文2年-天正元年(1533-1573)
関東 群馬 沼田景義(ぬまたかげよし) 天文21年-天正9年(1552-1581)
栃木 宇都宮国綱(うつのみやくにつな) 永禄11年-慶長12年(1568-1608)
茨城 結城晴朝(ゆうきはるとも) 天文3年-慶長19年(1534-1614)
佐竹義宣(さたけよしのぶ) 天文3年-慶長19年(1534-1614)
埼玉 太田資正(おおたすけまさ) 大永2年-天正19年(1522-1591)
千葉 里見義堯(さとみよしたか) 永正4年-天正2年(1507-1574)
千葉重胤(ちばしげたね) 天正4年-寛永10年(1576-1633)
東京 太田道灌(おおたどうかん) 永享4年-文明18年(1432-1486)
神奈川 北条早雲(ほうじょうそううん) 永享4年または康正2年-永正16年(1432/1456-1519)
北条氏政(ほうじょううじまさ) 天文7年-天正18年(1538-1590)
東海 静岡 今川義元(いまがわ よしもと) 永正16年-永禄3年(1519-1560)
岐阜 斎藤道三(さいとうどうさん) 明応4年?-弘治2年(1494?-1556)
愛知 織田信長(おだのぶなが) 天文3年-天正10年(1534-1582)
徳川家康(とくがわいえやす) 天文11年-元和2年(1543-1616)
豐臣秀吉(とよとみのひでよし) 天文6年-慶長3年(1537-1598)
三重 九鬼嘉隆(くきよしたか) 天文11年-慶長5年(1542-1600)
近畿 滋賀 浅井長政(あざいながまさ) 天文14年-天正元年(1545-1573)
石田三成(いしだみつなり) 永禄3年-慶長5年(1560-1600)
明智光秀(あけちみつひで) 享禄元年?-天正10年(1528?-1582)
奈良 筒井順慶(つついじゅんけい) 天文18年-天正12年(1549-1584)
松永久秀(まつながひさひで) 永正7年-天正5年(1510-1577)
京都 足利義昭(あしかがよしあき) 天文6年-慶長2年(1537-1597)
足利義輝(あしかがよしてる) 天文5年-永禄8年(1536-1565)
足利義栄(あしかがよしひで) 天文7年-永禄11年(1538-1568)
大阪 顕如(けんにょ) 天文12年-文禄元年(1543-1592)
兵庫 荒木村重(あらきむらしげ) 天文4年-天正14年(1535-1586)
和歌山 浅野幸長(あさのよしなが) 天正4年-慶長18年(1576-1613)
中国 鳥取 吉川経家(きっかわつねいえ) 天文16年-天正9年(1547-1581)
島根 尼子義久(あまごよしひさ) 天文9年-慶長15年(1540-1610)
岡山 宇喜多秀家(うきたひでいえ) 元亀3年-明暦元年(1572-1655)
小早川秀秋(こばやかわひであき) 天正10年-慶長7年(1582-1602)
広島 毛利元就(もうりもとなり) 明応6年-元亀2年(1497-1571)
山口 毛利輝元(もうりてるもと) 毛利輝元 天文22年-寛永2年(1553-1625)
四国 香川 仙石秀久(せんごくひでひさ) 天文21年-慶長19年(1552-1614)
愛媛 藤堂高虎(とうどうたかとら) 弘治2年-寛永7年(1556-1630)
徳島 三好長慶(みよしながよし) 大永2年-永禄7年(1522-1564)
高知 山内一豊(やまうちかつとよ) 天文14年?-慶長10年(1545?-1605)
九州 福岡 立花宗茂(たちばなむねしげ) 永禄10年-寛永19年(1567-1643)
大分 大友宗麟(おおともそうりん) 享禄3年-天正15年(1530-1587)
佐賀県 龍造寺隆信(りゅうぞうじたかのぶ) 享禄2年-天正12年(1529-1584)
長崎 有馬晴信(ありまはるのぶ) 永禄10年-慶長17年(1567-1612)
宮崎 伊東義祐(いとうよしすけ) 永正9年-天正13年(1512-1585)
熊本 加藤清正(かとうきよまさ) 永禄5年-慶長16年(1562-1611)
鹿児島 島津義弘(しまづよしひろ) 天文4年-元和5年(1535-1619)


スポンサードリンク

point-2大河ドラマの常連!ザ・戦国武将ベスト10

大河ドラマの常連!この人がいなければ戦国時代じゃない!ザ・戦国武将ベスト10をランキング!

大河ドラマの常連戦国武将1位 織田信長
(愛知県)
コメント必要なし!時代を変えた戦国武将!
大河ドラマの常連戦国武将2位 徳川家康
(愛知県)
戦国の世で辛酸を嘗め、その時代を終わらせた名将!
大河ドラマの常連戦国武将3位 豊臣秀吉
(愛知県)
戦国の世を人柄と智勇で登り詰め、百姓から天下人に!
大河ドラマの常連戦国武将4位 武田信玄
(山梨県)
甲斐の虎の名に相応しい勇将!川中島の合戦は戦国時代の華!
大河ドラマの常連戦国武将5位 上杉謙信
(新潟県)
越後の龍の名に相応しい智将!川中島の合戦は戦国時代の華!
大河ドラマの常連戦国武将6位 伊達政宗
(宮城県)
あと少し早く生まれていれば!確かに時代を動かすに足る名将!
大河ドラマの常連戦国武将7位 明智光秀
(滋賀県)
時代を動かした「本能寺の変」は、現代もなお想像力を搔き立てる!
大河ドラマの常連戦国武将8位 毛利元就
(広島県)
幼い頃からの苦労を見事に昇華させ、幕末まで続く精神の礎を築いた智将!
大河ドラマの常連戦国武将9位 前田利家
(石川県)
時流を見極め、加賀百万石の礎を築いた勇将!
大河ドラマの常連戦国武将10位 上杉景勝
(山形県)
苦労人の二代目。武勇に加え、家臣想いのその人柄が魅力の戦国武将!


point-3上司に欲しい戦国武将ベスト10

ついて行きたい!こんな時代だからこそ上司に欲しい戦国武将ベスト10をランキング!


上司に欲しい戦国武将1位 上杉景勝
(山形県)
敗戦しようとも石高が減らされようとも、絶対にリストラしない人柄
上司に欲しい戦国武将2位 徳川家康
(愛知県)
徳川三百年の礎を築いたその安定感
上司に欲しい戦国武将3位 真田信繁
(長野県)
関ヶ原の戦いで、圧倒的に分が悪くとも決して諦めなかった心意気
上司に欲しい戦国武将4位 上杉謙信
(新潟県)
圧倒的な強さと無欲
上司に欲しい戦国武将5位 武田信玄
(山梨県)
「人は石垣、人は堀...」の言葉からわかる家臣に寄せる信頼と求心力
上司に欲しい戦国武将6位 島津義弘
(鹿児島県)
幕末まで続く島津氏の精神を体現する強い戦闘力と家臣を結束させる力
上司に欲しい戦国武将7位 宇喜多秀家
(岡山県)
関ヶ原の戦いで敗色濃い西軍を引っ張った勇猛さと統率力
上司に欲しい戦国武将8位 吉川経家
(鳥取県)
雇われ城主でありながら、自身の命と引き換えに家臣を救った人柄
上司に欲しい戦国武将9位 伊達政宗
(宮城県)
時勢を見る能力と異彩を放つ感性
上司に欲しい戦国武将10位 豊臣秀吉
(愛知県)
身ひとつで大成したその嗅覚


point-4歴女が愛する戦国武将ベスト10

側女でいいからおそばに?くノ一として仕える?歴女が愛する戦国武将ベスト10をランキングでご紹介!


歴女が愛する戦国武将1位 真田信繁
(長野県)
孤軍奮闘し、非業の死を遂げた。その苦労を分かち合いたい?
歴女が愛する戦国武将2位 石田三成
(滋賀県)
むさ苦しい武将のなかで、涼やかな姿と能吏ぶり。その生涯を評価してあげたい?
歴女が愛する戦国武将3位 上杉謙信
(新潟県)
私欲なく、義を重んじた。女性の影が無いのも魅力?
歴女が愛する戦国武将4位 織田信長
(愛知県)
戦国時代のスーパースター。その容姿にも惹かれます?
歴女が愛する戦国武将5位 上杉景勝
(山形県)
大河ドラマ「天地人」で注目。家臣や領民を思う人柄に癒される?
歴女が愛する戦国武将6位 伊達政宗
(宮城県)
「伊達者」の語源になるほどのお洒落さんで智勇に優れた武将ぶりが素敵?
歴女が愛する戦国武将7位 武田信玄
(山梨県)
現在に残る肖像画はでっぷり親父ぶりだが、本当は痩身白皙で格好よかったんですよ
歴女が愛する戦国武将8位 吉川経家
(鳥取県)
武勇を買われて雇われ城主に。4ヶ月の籠城に耐えたのは彼の人柄ゆえ
歴女が愛する戦国武将9位 島津義弘
(鹿児島県)
関ヶ原の戦いの正面突破。過激な戦術に従ってしまいたい押しの強さがいい
歴女が愛する戦国武将10位 浅井長政
(滋賀県)
戦国一の美貌を歌われたお市の方を虜にした爽やかな美男ぶり


point-5家を護った戦国武将ベスト3

己の命よりも家名を繋げ!命と引き換えに家を護った戦国武将ベスト3をランキングでご紹介!


命と引き換えに家を護った戦国武将1位 真田信繁
(長野県)
自身と父は西軍、長兄は東軍へ
命と引き換えに家を護った戦国武将2位 九鬼嘉隆
(三重県)
自身は西軍、嫡男は東軍へ
命と引き換えに家を護った戦国武将3位 津軽為信
(青森県)
嫡男は西軍、自身と三男は東軍へ


point-6真相を知りたい戦国武将ベスト10

なぜ?そんな行動に出たのか?本人の口から真相を語って欲しい戦国武将ベスト10を選んでみました!

真相を知りたい戦国武将1位 明智光秀
(滋賀県)
なぜ?本能寺の変を起こしたのか?
真相を知りたい戦国武将2位 松永久秀
(奈良県)
なぜ?織田信長に反抗したのか?
真相を知りたい戦国武将3位 荒木村重
(兵庫県)
なぜ?織田信長に謀反したのか?
真相を知りたい戦国武将4位 仙石秀久
(香川県)
なぜ?九州侵攻を失敗したときにひとり逃亡したのか?
真相を知りたい戦国武将5位 伊達政宗
(宮城県)
なぜ?二本松義継とともに、人質となった父輝宗を殺害したのか?
真相を知りたい戦国武将6位 小早川秀秋
(岡山県)
なぜ?そのタイミングで東軍へ寝返ったのか?
真相を知りたい戦国武将7位 筒井順慶
(奈良県)
なぜ?盟友明智光秀のへの助力を見送ったのか?
真相を知りたい戦国武将8位 浅井長政
(滋賀県)
なぜ?同盟関係にあった義兄織田信長ではなく朝倉義景についたのか?
真相を知りたい戦国武将9位 今川義元
(静岡県)
なぜ?桶狭間の戦いで10分の1の兵力の織田信長に敗れたのか?
真相を知りたい戦国武将10位 千葉重胤
(千葉県)
なぜ?再び領地を安堵された後に返上して浪人になったのか?


point-7表舞台から退いた戦国武将ベスト10

長すぎる後半生・・・表舞台から退いた戦国武将ベスト8と番外2名を選んでみました。

表舞台から退いた戦国武将1位 宇喜多秀家
(岡山県)
八丈島で流人生活49年
表舞台から退いた戦国武将2位 尼子義久
(島根県)
宿敵毛利氏に養われ後に出家して44年
表舞台から退いた戦国武将3位 千葉重胤
(千葉県)
一時期幕府から領地を与えられるも返上し諸国を流浪した43年
表舞台から退いた戦国武将4位 秋田実季
(秋田県)
お家騒動に巻き込まれ蟄居生活30年
表舞台から退いた戦国武将5位 足利義昭
(京都府)
織田信長に将軍領を奪われ、豊臣秀吉の客分として24年
表舞台から退いた戦国武将6位 伊東義祐
(宮崎県)
一族とともに流浪した12年
表舞台から退いた戦国武将7位 宇都宮国綱
(栃木県)
豊臣秀吉に疎まれ、武功を挙げるも悲願叶わず諸国を流浪した11年
表舞台から退いた戦国武将8位 荒木村重
(兵庫県)
織田信長に謀反し、抵抗し続けた8年
番外 立花宗茂
(福岡県)
20年浪人の末、大名に返り咲く
番外 仙石秀久
(香川県)
改易され4年、大名に返り咲く


TOPPAGE  TOP