解説二本松義継(にほんまつよしつぐ)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
戦国武将:二本松義継(にほんまつよしつぐ)二本松義継 天文21年-天正13年(1552-1585):福島県

二本松義継(にほんまつよしつぐ)は、室町将軍足利氏の支流である畠山氏第15代当主であり、戦国大名。二本松氏は、陸奥安達郡二本松城主であったことからの俗称で、義継の代では畠山氏を名乗っていた。

第14代当主義国の嫡男として生まれ、父の死去を受けて29歳で家督を継いだ。近隣の伊達政宗に厳しく攻められ、二本松のわずかな土地を残して、所領をことごとく没収された。

政宗の父輝宗の仲介により、政宗に和平を申し入れたものの、受け入れられず、状況打破のために輝宗を拉致し、二本松城へ連れて行こうとしたところ、政宗に追われ、輝宗もろとも殺害された。享年34歳。義継の遺体は、政宗に斬り刻まれた後、藤蔓で繋がれ、吊るされたという。

嫡男義綱は、義継の死後、政宗の猛攻を受けて二本松城を落ち、蘆名氏を頼って会津へ退去した。しかし、その蘆名氏も政宗に滅ぼされ、義綱も16歳で殺害された。次男義孝は、上杉景勝から徳川氏譜代の水野忠善に仕え、故領地にちなみ、二本松氏を名乗った。この義孝の家系は、水野氏の転封に伴い、出羽山形藩に移り、現在にいたる。


■二本松義継(にほんまつよしつぐ)ゆかりの地

墓所 ・称念寺(二本松氏累代の墓所)-福島県二本松市
・粟の巣古戦場跡(最期の地)-福島県二本松市
・梟首(義継首がさらされた場所)-福島県二本松市
・頭陀寺(義継首塚)-福島県伊達郡頭陀町

TOPPAGE  TOP