解説毛利輝元(もうりてるもと)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
戦国武将:毛利輝元(もうりてるもと)毛利輝元 天文22年-寛永2年(1553-1625):山口県

毛利輝元(もうりてるもと)は、安芸国(現広島県)出身の戦国大名で、江戸幕府の大名。長州藩(現山口県)藩祖。毛利氏は、鎌倉幕府草創の名臣である大江広元の四男季光を祖とする一族である。戦国時代には、安芸国に土着して国人領主として勢力を拡大した。

輝元は、毛利元就の嫡男、隆元の嫡男として生まれた。11歳のとき、父隆元が急逝したので家督を継いだが、若年のため祖父元就が実権を握っていた。19歳のとき、祖父元就が死去すると、叔父である吉川元春・小早川隆景(毛利両川体制)と、重臣たちの補佐を受け、毛利氏当主として活動を始める。

24歳のとき、織田信長によって都を追われた足利義昭が領内に落ち延びてきたため、保護せざるを得なくなった。また、石山本願寺が挙兵すると、本願寺に物資の援助をしたため、信長と対立するようになる。はじめは優勢だった毛利軍だが、28歳のとき、豊臣秀吉を大将とした信長軍の中国侵攻が激化すると、毛利氏は徐々に不利になっていく。

信長の死後、覇権争いをしていた柴田勝家、秀吉両陣営から味方になるように働きかけられたが、中立の立場をとった。勝家が敗れると、秀吉に接近し、武功を挙げ、周防・長門・安芸・石見・出雲・備後(現山口県・島根県・広島県・岡山県の大部分)など120万5千石の所領を安堵され、秀吉の晩年には五大老に列せられた。

秀吉の死後、徳川家康に次ぐ所領と実力を持つ輝元は、石田三成らに西軍の総大将として担ぎ出された。輝元は、一門や重臣に相談することなくその要請を受けたという。48歳のときである。一旦、大坂城へ入った輝元だが、出陣はせず、家康に申し出て退城した。西軍が敗れることを見越していた吉川広家(輝元の叔父元春の三男)は、密かに家康側と通じ、毛利軍は戦闘に参加する意思のないこと伝えた。しかし、輝元は戦闘に関わる書状を多数発しており、家康は、輝元を改易して広家に毛利氏の家督を継がせようとした。広家の奔走により輝元は改易を免れ、周防・長門2国(現山口県)37万石に減封されるに留まった。その後、嫡男秀就に家督を譲り、享年73歳で死去した。毛利氏は、長州藩主(周防国と長門国を併せて領する)として家名を保ち、明治維新後は公爵に列せられた。


■毛利輝元(もうりてるもと)ゆかりの地

墓所 ・天樹院-山口県萩市
肖像画 ・毛利博物館蔵-山口県防府市
銅像 ・萩城址-山口県萩市
神社 ・志都岐山神社-山口県萩市
祭神名:毛利輝元公

スポンサードリンク

関連記事


TOPPAGE  TOP