解説前田利家(まえだとしいえ)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
戦国武将:前田利家(まえだとしいえ)前田利家 天文7年-慶長4年(1539-1599):石川県

前田利家(まえだとしいえ)は、加賀国(現石川県)の戦国大名。加賀藩主前田氏の祖。
尾張国荒子城主(現愛知県名古屋市)利昌の四男として生まれた。前田氏は、菅原道真の後裔を名乗っているが、その出自は不明である。利家の家系は、荒子を領有した父利昌以前は詳しくわかっていない。

13歳のとき、織田信長に小姓として仕える。短気で喧嘩っ早く、派手な格好が好きないわゆるかぶき者で、武勇にも長けていた。特に槍の名人で「槍の又左」と呼ばれていた(元服名の前田又左衛門利家から)。また、信長と衆道関係にあったことは有名である。

21歳のとき、その生来の喧嘩っ早さから、茶坊主拾阿弥を惨殺して、出仕停止処分となり、浪人暮らしをした。その間、桶狭間の戦いに無断で参戦し、首級を三つ挙げたが、帰参は赦されなかった。23歳のとき、再び無断で森部の戦いに参戦し、「頚取足立」の異名を持つ足立六兵衛の首級を挙げ、ようやく信長に帰参を赦された。利家の浪人中に父利昌は死去し、前田家の家督は長兄利久が継いでいたが、31歳のとき、突然、信長より家督を継ぐように命ぜられる。利久には実子が無く、また病弱であったためであるという。

36歳のときには柴田勝家の指揮の下、越前一向一揆鎮圧に従軍し、戦功を挙げた。そして、42歳のとき、能登七尾城主(現石川県七尾市)となり、能登23万石の大名となった。信長の死後、勝家と豊臣秀吉の間で後継者争いがおこり、両者の間でその立場に苦しんだものの、結局、利家は秀吉についた。

隠居した後、秀吉から五大老のひとりに命ぜられ、嫡子秀頼の将来を託された。秀吉の死後、徳川家康らは秀吉の遺言を無視する行動があり、利家はこれに反発したが、自身の病状も悪化し、豊臣家の将来を案じながら没した。享年61歳。秀吉の死の翌年であった。

信長の衆道相手を務めていたことからも知られるように、その容姿は、美貌に加え、残された着物から背丈6尺(およそ182cm)の大変見栄えの良い武将であったと言われている。喧嘩っ早く、槍の名手であった一方、機を見て敏な世渡り上手な面もあった。

その後の前田家は、加賀国100万石を領し、明治維新には侯爵に列せられた。


■前田利家(まえだとしいえ)ゆかりの地

墓所 ・野田山墓地前田家墓所-石川県金沢市
・宝円寺-石川県金沢市
肖像画 ・桃雲寺蔵-石川県金沢市
・総持寺蔵-神奈川県横浜市
・個人蔵
銅像 ・尾山神社-石川県金沢市
神社 ・尾山神社(祭神名:前田利家公)-石川県金沢市

スポンサードリンク

関連記事


TOPPAGE  TOP