解説伊東義祐(いとうよしすけ)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
戦国武将:伊東義祐(いとうよしすけ)伊東義祐 永正9年-天正13年(1512-1585):宮崎県

伊東義祐(いとうよしすけ)は、日向国(現宮崎県)の戦国大名で、伊東氏第10代当主。伊東氏は、平安時代から伊豆で発展した工藤氏の傍流で、伊豆国伊東(現静岡県伊東市)を領した名族である。南北朝時代、日向国で勢力を広げた。

義祐は、第7代当主尹祐の次男。兄である第8代当主祐充が早逝すると、お家騒動が起こった。混乱が収束すると、弟の祐吉が第9代当主となったが、程なく病死し、義祐が家督を継ぐことになった。25歳のときである。

日向国南部の飫肥(現宮崎県日南市)を領する島津氏と攻防を繰り返すが、58歳のときに飫肥を領すると、日向国内に48城を築き(伊東四十八城)、伊東氏の最盛期を迎えた。日向国内を安定させたことによる安堵からか、徐々に京風文化に耽溺するようになり、本拠の佐土原(現宮崎県宮崎市)は九州の小京都と呼ばれるようになった。

しかし、肥沃な日向国を巡って島津氏を中心とした諸勢力が侵攻し、61歳のときに大敗を喫すると、伊東氏の勢力は衰えていく。日向国を追われた義祐一族は、大友氏を頼り、大友氏没落後は、一族や家臣の縁を頼って伊予国(現愛媛県)、播磨国(現兵庫県)を流浪した。そこで、豊臣秀吉に仕えていた一族の縁により、三男祐兵が秀吉に仕官が叶った。
義祐は、中国地方を放浪し、最後は堺にいる祐兵宅で病没した。享年73歳。

祐兵は関ヶ原の戦いの際に、家康へよしみを通じ、日向国飫肥藩(現宮崎県日南市)の旧領の一部を領することが赦された。その後、伊東氏は代々飫肥藩主として続き、明治維新を迎え、子爵に列せられた。

義祐はキリシタンではなかったが、その外孫(同族伊東氏に嫁した娘の子)の伊東マンショは、天正遣欧少年使節として、渡欧した。


■伊東義祐(いとうよしすけ)ゆかりの地

墓所 ・伊東家累代墓地-宮崎県日南市
銅像 (義祐孫の伊東マンショ)
・遊歩公園-大分県大分市
・森林公園-長崎県大村市

スポンサードリンク

関連記事


TOPPAGE  TOP