解説北条氏政(ほうじょううじまさ)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
戦国武将:北条氏政(ほうじょううじまさ)北条氏政 天文7年-天正18年(1538-1590):神奈川県

北条氏政(ほうじょううじまさ)は、相模(現神奈川県)を支配した戦国大名。後北条氏第4代当主。兄が夭折したため、家督を継ぐ。早雲の嫡系の曾孫にあたる。

17歳のとき、父氏康が甲斐(現山梨県)の武田信玄、駿河(現静岡県)の今川義元と甲相駿三国同盟を組んだため、信玄の娘(黄梅院)を正室に迎えた。22歳のとき、家督を譲られたが、氏政が34歳のときに父氏康が死去するまで、両頭体制が行なわれた。

黄梅院とは夫婦仲がよく、少なくとも男子5人、女子1人を儲けたが、32歳のときに、信玄は駿河侵攻を開始し、三国同盟は破綻した。これに激怒した父氏康は信玄との同盟を解消し、氏政と黄梅院を離婚させ、子供を残したまま甲斐へ送り返した。なお、傷心の故か、黄梅院は27歳の若さで亡くなったという。

今川氏は織田信長に攻められ、衰退したが、武田氏と北条氏は再び同盟関係になり、氏政も信長や徳川家康、上杉氏などと戦った。また、信長の優勢が決定的とみると、43歳のとき、信長へ臣従を申し入れるなど、高度な外交手段をみせている。この頃、嫡男氏直に家督を譲るも父氏康に倣い、両頭体制を敷き、家中の実権を引き続き掌握した。

48歳の頃には、相模・武蔵・下総・上総・上野に、常陸現茨城・下野・駿河の一部という、関東ほぼ全域を領する240万石の大大名になっていた。これが、後北条氏の最大領土である。

しかし、豊臣秀吉に疎まれ、上洛を断ったことに付け込まれた。一ヶ月に及ぶ小田原城篭城もむなしく、氏政は切腹した。享年53歳。嫡男氏直は赦免され、1万石を与えられたものの30歳で病死した。

その後、後北条氏の家督は氏直の弟氏規の家系に継がれ、河内(現大阪府)狭山藩主として幕末まで存続した。

氏政は、早雲ら代々当主のなかで、家を滅ぼし、国を失った武将として、一般的に評価が低い。しかし、後北条氏の最大領土を広げたのは氏政の手腕として評価されても良いと思われる。また、愛妻家でもあり、黄梅院との離婚を父親に勧められながら渋っていたと言われ、武田氏と同盟関係が復活した際には、分骨を受け取り、手厚く供養している。


■北条氏政(ほうじょううじまさ)ゆかりの地

墓所 ・早雲寺-神奈川県足柄下郡箱根町
肖像画 ・小田原城天守閣蔵

TOPPAGE  TOP