解説北条早雲(ほうじょうそううん)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
戦国武将:北条早雲(ほうじょうそううん)北条早雲 永享4年または康正2年-永正16年(1432/1456-1519):神奈川県

北条早雲(ほうじょうそううん)は、戦国時代初期の武将。
本名は伊勢盛時(いせもりとき)。戦国大名となった後北条氏の祖である。後北条氏は、平氏の流れを汲む室町幕府の御家人である伊勢氏の盛時が、関東へ下向し、小田原を中心に勢力を伸ばした際に、新しい氏を名乗ったことに始まる。正確には、「北条氏」だが、鎌倉時代の執権「北条氏」とは血縁関係にないため、後世の歴史家が「後」をつけて呼ぶようになったものである。

早雲は、一介の素浪人から戦国大名にまで成りあがった下剋上の先駆者とみなされて来たが、近年の研究では、伊勢氏は室町幕府の重臣であり、早雲の成功は、まったくの無位無官からのスタートではなかったことがわかっている。また、活躍の時期が当時としては老年であることから、疑問視され、その生年を遅くみる意見もある。

早雲の関東下向は、駿河(現静岡県西部)守護である今川氏に嫁した姉(または妹)が、嫡男を産んだことによって今川氏との結びつきが強固になり、その家督争いの調停のため、駿河へ下向したことがきっかけのようである。

56歳(32歳)のとき、興国寺城(現静岡県沼津市)の所領を与えられ、駿河に留まり、今川氏の家臣として、甥である今川氏親を補佐した。また、幕府に叛いた堀越公方足利茶々丸を追い、伊豆一国を支配下に入れた。

その後、64歳(40歳)で、相模小田原(現神奈川県小田原市)の小田原城を領有し、84歳(60歳)には、相模国全域を支配するに至った。嫡男氏綱に家督を譲り、88歳(64歳)で亡くなった。相模国の中心である小田原城は、代々の後北条氏の本城となったが、早雲自身は、終生、伊豆の韮山城をその居城としていた。

早雲は、伊豆や相模全域を領有したにもかかわらず、室町幕府から正式な守護と認められてはいなかった。早雲のように、幕府のお墨付きなしに領国支配を進めたものを戦国大名と呼び、確かに彼はその嚆矢であった、といえる。


■北条早雲(ほうじょうそううん)ゆかりの地

墓所 ・金剛峰寺-和歌山県伊都郡高野町
・早雲寺-神奈川県足柄下郡箱根町
肖像画 ・小田原城天守閣蔵
銅像 ・小田原駅前-神奈川県小田原市

TOPPAGE  TOP