解説浅野幸長(あさのよしなが)

  • Yahoo!ブックマークに登録する
  • はてなブックマークに登録する
  • livedoorクリップに登録する
  • FC2ブックマークに登録する
  • Buzzurlブックマークに登録する
  • del.icio.usブックマークに登録する
  • ニフティクリップに登録する
戦国武将:浅野幸長(あさのよしなが)浅野幸長 天正4年-慶長18年(1576-1613):和歌山県

浅野幸長(あさのよしなが)は、戦国武将で江戸幕府の大名。紀伊国和歌山藩(紀州藩)の初代藩主。浅野氏は、清和源氏土岐氏の諸流で、美濃国土岐郡浅野で浅野氏を名乗ったことに始まる。

幸長は、豊臣秀吉に仕える浅野長政の長男として誕生した。秀吉の正室おねの義甥(おねは、幸長の母ややの父である義勝の養女)である。秀吉や前田利家に目を懸けられ、豊臣政権下では五奉行のひとりに就任しており、利家の五女と婚約した(婚姻成立の前に女が早世)。

秀吉没後は、加藤清正・福島正則等とともに石田三成と対立し、関ヶ原の戦いでは徳川家康率いる東軍に属した。25歳のときである。戦後、紀伊国和歌山37万6千石を与えられた。享年38歳。幸長には男子が無かったので、家督は弟の長晟が継ぎ、その後、安芸国広島藩42万6千石に加増転封され、明治維新を迎え、侯爵に列せられた。赤穂浪士で有名な播磨国(現兵庫県)赤穂浅野氏は分家である。

歴戦を潜り抜けた勇将であった幸長は、大国を与えられたことからもわかるように、その存在は一目置かれていた。家康の天下を認めながらも終生にわたり豊臣氏に忠誠を誓っていたため、家康側にとっては煙たい存在だったかも知れない。早逝に、家康暗殺説も浮上しているが、梅毒とも考えられている。いずれにしても幸長の死の翌年に家康が大坂冬の陣を起こしたことを考えれば、その存在の大きさが知れるだろう。


■浅野幸長(あさのよしなが)ゆかりの地

墓所 ・大泉寺-和歌山県和歌山市
・高野山悉地院-和歌山県伊都郡高野町
肖像画 ・東京大学史料編纂所蔵-東京都文京区

TOPPAGE  TOP